視力測定は必ず行うこと

どうして視力測定は必要?

メガネ選びの際、どうして視力測定は必要なのでしょうか?健康診断でも視力測定を行っていますが、視力がどのくらい見えるのかを判断しており、遠視のみ確認しています。メガネを作る際は遠視の他に乱視を確認したり、左右の眼の視線のズレ、色覚異常がないかなど様々な確認を行っています。間違った情報でメガネを作ってしまうと視力低下を増進させてしまう為、その場で確認を行い、一人一人に合ったメガネを作成しているのです。 人が多ければメガネ作成込みで1時間以上待たされる場合もあり、視力測定をめんどくさく感じるかもしれません。しかし、一度視力が落ちると手術以外で元に戻す方法はなく、自分の目と長く付き合っていく為にも適切な方法でメガネを作成する必要があります。

視力測定はメガネ屋と眼科のどっちがいい?

気軽にメガネ屋で視力測定をすることができますが、最初は眼科で測ることをおすすめします。その理由として初めて視力が落ちた時、病気が原因だったり、目に傷が付いている可能性があるからです。その場合、メガネ屋で視力検査を行ってメガネを作成しても視力は下がり続ける一方で、悪化していきます。自分では気づかないことが多いので、最初は医師の判断を仰ぐようにしましょう。また将来的にコンタクトレンズを作りたい人も眼科がおすすめです。コンタクトレンズを初めて買う時は診断書を求められる場合があります。メガネと違ってコンタクトレンズは目に直接入れるので、合わなかったら大変なことになってしまいます。また眼科に行くメリットとして、自分に合うコンタクトレンズがハードなのか、ソフトなのか試すことができるのでおすすめです。

眼鏡は、今では多くの性能がつくようになりました。また、花粉症対策やオシャレとしてもかける人が増えてきています。